②構造計算基準

【構造計算の基本がわかる】「1次設計」と「2次設計」

1次設計と2次設計

1次設計と2次設計の目的の違い

1次設計と2次設計は、それぞれ構造計算の目的が異なります。

1次設計の目的建築物が次の荷重・外力に対して損傷しないこと。
(損傷による性能の低下を生じないこと)
常時作用する荷重・外力
存在中に数回程度遭遇する可能性の高い荷重・外力
2次設計の目的建築物が大地震に対して倒壊・崩壊等しないこと。

1次設計

ルート1からルート3の1次設計の計算基準は、次の計算基準で構成され、構造計算方法(ルート)によらず同様の構造計算基準が適用されます。

計算基準条項
許容応力度計算令第82条第1〜3号
使用上の支障が起こらないことの確認令第82条第4号
屋根ふき材等の構造計算令第82条の4

▶︎ 「許容応力度計算」の解説はコチラ

※高度な構造計算方法である時刻暦応答解析・限界耐力計算については異なります。(ここでは割愛します。)

2次設計

2次設計の計算基準は、建築物の規模等により適用する構造計算方法(ルート)により異なります。目的は「大地震に対して倒壊・崩壊等しないこと」で同様ですが、小規模な建築物については比較的簡易な計算基準を適用することができますが、大規模な建築物については高度な構造計算基準が適用されます。

例えば、保有水平耐力計算(ルート3)の2次設計部分の構造計算基準はがについては、次の2つの計算基準です。

計算基準条項
層間変形角の確認令第82条の2
保有水平耐力 必要保有水平耐力の確認令第82条の3

▶︎ 「保有水平耐力計算(ルート3)」の解説はコチラ

▶︎ 「許容応力度等計算(ルート2)」の解説はコチラ

▼▼ フォローしていただけると嬉しいです ▼▼

¥9,900 (2024/02/07 18:04時点 | Yahooショッピング調べ)
建築士試験にオススメ
¥3,080 (2024/03/08 07:11時点 | Amazon調べ)